長崎創価学会 ~長崎から生命尊厳の哲学を全世界へ~
新着情報

トピック

中華人民共和国建国73周年を慶祝し創価学会の代表が表敬訪問

中華人民共和国の建国73周年を慶祝し、長崎創価学会の代表が駐長崎総領事館を表敬訪問しました。 訪問した中村副会長は、青年世代を先頭に今後も日中両国の友好に尽力したい、と語りました。 張大興総領事は池田先生の足跡に触れつつ …

長崎創価学会 中国総領事館表敬訪問

世界平和の集い・献花

長崎原爆から77年を迎えた8月9日。 創価学会の長崎平和会館では、原爆で犠牲になられた方々と世界のすべての戦争被害者の方々の冥福と核兵器と戦争のない世界の実現を誓う「世界平和の集い」が開催されました。 集いでは、事前に収 …

長崎創価学会 世界平和の集い献花

77回目の「長崎原爆の日」

長崎は9日、77回目の「長崎原爆の日」を迎えました。平和公園で行われた「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」には、世界83カ国の駐日大使ら約1600人が参列。創価学会の代表も出席し、原爆で亡くなった犠牲者への追善と核兵器なき …

長崎創価学会 平和記念式典

「荒川秀男絵画展」佐世保展

「荒川秀男絵画」展が、8月2日~7日まで、創価学会の佐世保平和会館で開催されました。 爆心地から500mの城山国民学校(当時)で教頭を務めていた荒川秀男氏(故人)。1945年8月9日、荒川氏は勤務中に被爆しましたが、奇跡 …

長崎創価学会「荒川秀男絵画展」佐世保展①

オンライン被爆証言会

創価学会青年部主催の被爆証言会が8月7日、オンラインで配信されました。 戦争・被爆体験の風化が課題となっている近年、被爆者の高齢化もあり、被爆者の話を聞ける機会は少なくなっています。 今回証言をされたのは、86歳の牟田満 …

長崎創価学会 オンライン被爆証言会

ピース・ウォーク2022

長崎創価学会の未来部員と保護者らが、被爆遺構などを巡る「ピース・ウォーク2022」を、8月6日に開催しました。 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館で千羽鶴を献呈し、その後、「平和案内人」の説明で長崎原爆資料館を見学しました …

長崎創価学会 ピース・ウォーク2022③

第95回長崎平和学講座

1972年の日中国交正常化より50周年を記念する「第95回長崎平和学講座」が7月29日、長崎平和会館で開催され、中華人民共和国駐長崎総領事館の張大興総領事が講演を行いました。 これまで、当講演では、歴代総領事をお迎えして …

長崎創価学会 平和学講座

ピース・フォーラム2022「第94回長崎平和学講座」

ピース・フォーラム2022「第94回長崎平和学講座」が7月26日、長崎平和会館で開催され、「二重被爆者」山口彊(つとむ)さんの孫である原田小鈴氏が講演を行いました。 講演では、祖父の被爆体験を継承しようと決意したきっかけ …

長崎創価学会 ピースフォーラム平和学講座①

県内の戦争遺構②

長崎市内から車で約1時間30分。西彼杵半島の北西に位置する崎戸島に、北緯33度線展望台はあります。 同地では、瑠璃色に輝く海を360°のパノラマで眺めることができる展望台です。夕暮れ時、地平線に沈む太陽は息をのむほどの美 …

長崎創価学会 北緯33度線展望台②

第93回長崎平和学講座

第93回長崎平和学講座が5月18日、出島メッセ長崎で開催され、スロヴェニア共和国大使のアナ・ポラック・ペトリッチ閣下が講演を行いました。 スロヴェニア共和国は、旧ユーゴスラビアの構成国の一つでしたが、1991年に独立を果 …

長崎創価学会 平和学講座1
1 2 3 14 »
PAGETOP
Copyright © Peace from NAGASAKI All Rights Reserved.
Translate »