長崎創価学会 ~長崎から生命尊厳の哲学を全世界へ~
新着情報

コラム

国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館長が創価大学を訪問

爽やかな秋風が吹くなか、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館・黒川館長が創価大学を11月20日に表敬訪問しました。 同館長は中央教育棟のワールドランゲージセンターや本部棟の展示を訪れ、「スーパーグローバル大学」の認定を受ける …

長崎創価学会すすき

笑顔はじけるインド

青年文化訪印団の一員として、9月17日から7日間、インドを訪問しました。 ニューデリーのインディラ・ガンジー国際空港に降り立つと、大勢のインドの同志が、歓声を上げながら出迎えてくださいました。 私たちの顔を見るやパッと名 …

長崎創価学会 インド訪問団①

創価高校が長崎フィールドワークを実施!

創価高校の学生によるフィールドワークが被爆地・長崎で実施されています。(8/21~23) メンバーは長崎歴史文化博物館や爆心地公園、長崎原爆資料館、市立城山小学校の被爆校舎などを見学。その他、活水高校に通う学生との交流会 …

長崎創価学会 創価高校フィールドワーク

創価ファミリー大会を各地で元気に開催!

県内各地で「創価ファミリー大会」が盛大に開催されています。 今年は、『長崎青年部・平和宣言』の制定より10周年となります。このため、ファミリー大会では、平和宣言制定までの経緯とこの宣言に込められた誓いを参加者で確認し、一 …

長崎創価学会 創価ファミリー大会

「平和の文化」構築に幅広く尽力!

創価学会では、国連が1999年に「平和の文化に関する宣言と行動計画」を採択して以来、主要な取り組みの1つと位置づけてきた「平和の文化」構築を、多角的な活動を通して促進しています。今号は、その具体的取り組みを紹介します。ち …

長崎創価学会 あじさい

核兵器禁止条約の参加を拡大②

昨年、長崎で開催された第6回核兵器廃絶地球市民集会ナガサキ(朝長万左男実行委員長)で採択された“長崎アピール”に対し、核兵器保有国の駐日大使館から回答の文書が同委員会に届きました。文書には、同国のこれまでの立場を堅持しつ …

長崎創価学会 崎戸海岸

核兵器禁止条約の参加を拡大①

現在、核兵器を保有している国は9ヵ国。そのなかで国際社会から核兵器の保有を認められている国は、米、露、英、仏、中の5ヵ国です。この5ヵ国は、NPT(核兵器の不拡散に関する条約)を批准しています。この他に核兵器の保有を宣言 …

長崎創価学会 えらぶゆり

SDGs:目標6“水と衛生”って?

~第44回「SGIの日」記念提言 “水資源を守る体制を強化”~ 皆さんは、国連が推進する「持続可能な開発目標」(SDGs:Sustainable Deveroment Goles)という取り組みをご存知ですか? SDGs …

長崎創価学会 SDGs:目標6“水と衛生”って?

AI兵器って何だろう?

1・26「SGIの日」に寄せて、「平和と軍縮の新しき世紀を」と題する記念提言が発表され聖教新聞に全文が掲載されました。池田先生は今回の提言で、“AI兵器”に触れ『AI兵器を全面禁止する条約の制定を推進』を提案しています。 …

長崎創価学会 長崎の空

第44回「SGIの日」記念提言を発表「平和と軍縮の新しき世紀を」

創価学会の池田大作名誉会長は、第44回「SGIの日」に寄せ、「平和と軍縮の新しき世紀を」と題する記念提言が発表。1月26日、27日付の聖教新聞紙上で上下2回にわたり掲載されました。 提言ではまず、21世紀の世界の基軸に「 …

長崎創価学会 第44回「SGIの日」記念提言発表
1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © Peace from NAGASAKI All Rights Reserved.
Translate »