長崎創価学会 ~長崎から生命尊厳の哲学を全世界へ~
新着情報

トピック

創価ファミリー大会を開催!!

親子で参加する創価ファミリー大会が、今年も各地で賑やかに開催されています! 長崎平和会館で11日(土)に行われた集いでは、親子リレー体験やピース合唱団が元気な歌声を響かせました。また少女部による平和への思いを発表し、全員 …

長崎創価学会ファミリー大会③

世界平和祈願勤行法要

「長崎原爆の日」を迎えた8月9日、世界平和祈願勤行法要が厳粛に執り行われました。 これは、1976年に「長崎県原爆犠牲者追善法要」として行われた翌年以降、毎年8月9日に開催されてきました。 今年被爆講話を行った髙村剛さん …

長崎創価学会 世界平和祈願勤行法要

被爆73年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典

被爆73年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に、創価学会の代表として参加。被爆者やご遺族、また核兵器廃絶に向けて行動する市民社会の代表など数多くの方々ともに恒久平和への祈りを捧げました。   田上富久長崎市長は平和宣言で、「 …

長崎創価学会平和式典

長崎創価青年大会

若人の情熱がほとばしる「創価青年大会」が8月5日、開催されました。 「平和ほど、尊きものはない。  平和ほど、幸福なものはない。   平和こそ、人類の進むべき、根本の第一歩であらねばならない」 その先駆けこそ、「今」を生 …

ピース・フォーラム2018

ピース・フォーラム2018が8月4日(土)、全国の青年部の代表60名を交えて盛大に開催されました。 短期大学に通う梅林さんは、祖父の被爆体験を受け継ぐ決意と平和への思いを披瀝。その後、長崎・広島・沖縄の代表が各地での平和 …

長崎創価学会ピースフォーラム2018

ピース・ウオーク2018~父母の平和の祈りを永遠に継承する~

被爆73年を迎え、親子などで被爆遺構を巡る「ピースウオーク」が今年も実施されました。これは2013年から継続されています。 田上富久長崎市長は語っています。「体験は共有できなくても、平和への思いは共有できます」(被爆73 …

長崎創価学会ピースウオーク2018

今年もヒバクシャ国際署名に取り組みました!

長崎創価学会では、昨年から「ヒバクシャ国際署名」に取り組んでいます。「核兵器のない世界」を願う被爆者の思いに始まったこの署名も、今年で2年目を迎えます。 本年、長崎女性平和文化会議と長崎女性平和委員会は、平和を希求する心 …

長崎創価学会 ヒバクシャ国際署名寄託式2018

出島とその時代

 長崎の街を歩くと、様々な場所で西洋や中国の文化を感じる独特の風景や建物等が目に飛び込んできます。その他にも、人々の暮らしや言葉、食べ物など生活に根付いているものも。 その根源を探る時、長崎が果たしてきた世界との交流の歴 …

長崎創価学会 出島

第30回ながさき平和大集会

今年も、「ながさき平和大集会」が盛大に開催されました。この集会は、自らも被爆しながら医師として被爆者治療の最前線に立ち続けた故・秋月辰一郎氏の提案で始まりました。思想・信条の違いを乗り越え“核兵器廃絶”という目的に向って …

創価学会(長崎原爆資料館)

「被爆三世~これからの私たちは~」作品展

「生きて、繫いで 被爆三世~これからの私たちは~作品展」がナガサキピースミュージアムで開催されています(今月16日まで)。 6月24日には、紙芝居「二重被爆」「きのこ雲に追いかけられて~二重被爆 山口疆~」が催されていま …

創価学会(ピースミュージアム)
« 1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © Peace from NAGASAKI All Rights Reserved.
Translate »