長崎創価学会 ~長崎から生命尊厳の哲学を全世界へ~
新着情報

後継

第81回長崎平和学講座

本日、ベラルーシ共和国のルスラン・イエシン駐日特命全権大使をお迎えし、第81回長崎平和学講座を開催しました。 会場となった長崎文化会館は、眼前には陽光きらめく橘湾を望み、沖に雲仙岳を眺めることができます。 政治学博士でも …

長崎創価学会平和学講座

東京創価高校がフィールドワークを実施!被爆三世との懇談会

長崎で初めて東京・創価高校のフィールドワーク(現地調査)が実施され、原田小鈴さんが講話を行いました。 原田さんは、祖父・山口彊(つとむ)さんが経験した広島と長崎の二重被爆について、紙芝居を披露。そして自身が二重被爆三世と …

長崎創価学会創価高校FW②

創価ファミリー大会を開催!!

親子で参加する創価ファミリー大会が、今年も各地で賑やかに開催されています! 長崎平和会館で11日(土)に行われた集いでは、親子リレー体験やピース合唱団が元気な歌声を響かせました。また少女部による平和への思いを発表し、全員 …

長崎創価学会ファミリー大会③

長崎創価青年大会

若人の情熱がほとばしる「創価青年大会」が8月5日、開催されました。 「平和ほど、尊きものはない。  平和ほど、幸福なものはない。   平和こそ、人類の進むべき、根本の第一歩であらねばならない」 その先駆けこそ、「今」を生 …

ピース・フォーラム2018

ピース・フォーラム2018が8月4日(土)、全国の青年部の代表60名を交えて盛大に開催されました。 短期大学に通う梅林さんは、祖父の被爆体験を受け継ぐ決意と平和への思いを披瀝。その後、長崎・広島・沖縄の代表が各地での平和 …

長崎創価学会ピースフォーラム2018

ピース・ウオーク2018~父母の平和の祈りを永遠に継承する~

被爆73年を迎え、親子などで被爆遺構を巡る「ピースウオーク」が今年も実施されました。これは2013年から継続されています。 田上富久長崎市長は語っています。「体験は共有できなくても、平和への思いは共有できます」(被爆73 …

長崎創価学会ピースウオーク2018

今年もヒバクシャ国際署名に取り組みました!

長崎創価学会では、昨年から「ヒバクシャ国際署名」に取り組んでいます。「核兵器のない世界」を願う被爆者の思いに始まったこの署名も、今年で2年目を迎えます。 本年、長崎女性平和文化会議と長崎女性平和委員会は、平和を希求する心 …

長崎創価学会 ヒバクシャ国際署名寄託式2018

草の根映写会を開催!

佐世保市針尾島にある「浦頭引揚記念資料館」を、皆さんはご存知ですか? 今回、女性平和委員会と女性平和文化会議のメンバーを中心に、佐世保市内で“草の根映写会”を実施。その研究発表の事前学習のため、浦頭に行ってきました! 針 …

創価学会(浦頭公園)

青年友好交流団、訪韓!

5月18日から22日まで「韓日青年友好交流団」の一員として全国100人の青年部メンバーと共に、韓国に行ってまいりました。本年は、奇しくも池田SGI会長が韓国SGI本部を初訪問してから20周年の佳節にあたります。 池田SG …

長崎創価学会(韓国青年部と)

日中学生交流会

長崎大学に通う中国人留学生メンバーと交流会を4月15日(日)に開催しました。 日中の文化や学生生活の違いを学ぶ価値的な機会となりました。特に驚いたのは、中国の発展の速さです。今の中国は高齢者もスマートフォンを使いこなし、 …

日中学生交流会20180415
1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © Peace from NAGASAKI All Rights Reserved.
Translate »