SOKAグローバルアクションの一環として、長崎大学核兵器廃絶研究センター・広瀬訓 教授(副センター長)を招き、長崎平和学講座を開催しました。
核兵器の削減に向けた保有国の誠実な取り組みが見えない中、核保有国と非保有国の対立の溝が深まっています。核保有国が主張する「核抑止」は本当に有効なのでしょうか?