1月3日(水)付の長崎新聞にて、「長崎から生命の讃歌を」と題する池田大作先生の特別寄稿が掲載されました。これは、本年3月24日(土)から長崎県美術館、長崎新聞社、東京富士美術館の共同企画で開催される「大江戸展」の予告記事に寄せたもの。
6度目となる今回の寄稿で池田先生は、文化の力こそあらゆる差異を乗り越えるための想像力を引き出し、人類の共感と連帯を広げるものであると述べています。