核兵器禁止条約が参加国の賛成多数で採択されたことを歓迎する集いが長崎市内で開催されました。
長崎被災協・谷口稜曄会長はビデオメッセージで、核兵器保有国や依存国の参加を目指し、核兵器を減らす努力を訴え、「核兵器の非人道性を身をもって知る被爆者が1人もいなくなった時に、どんな世界になっていくのかが一番心配だ。私たち生き残った被爆者が、さらに頑張らなければいけないと思っています。」と語られました。